BLOG

【インドネシア語翻訳】注意すべきポイント

 

経済成長国インドネシア

インドネシア語はインドネシア共和国の国語であり、インドネシア語を母国語とする話者数は2300万人で総話者数は1億6500万人に上ります。

インドネシアの国土は広大であり、農林水産物を筆頭に、天然ガスや石炭などの豊富な天然資源があります。そしてインドネシア人の平均年齢は20代後半とかなり若者が多い国です。

そのため多くの日本企業が工場や製造拠点を置いています。

経済的な面でもインドネシアでは近年、消費規模が拡大し続けています。国内総生産(GDP)の5割強を個人消費が占めており、巨大な消費市場であるということでイオン、セブンイレブン、味の素などの大手日本企業も多数進出しています。

インドネシアは、今やアジアの中では中国・インドに続く経済成長国とも言われ、注目を集めています。

インドネシア翻訳の注意すべきポイント

 

■インドネシア語はシンプルな言語


インドネシア語はアルファベットを用いて表記します。専用のフォントなどが必要ないので文字化けなどの心配はありません。

また、インドネシア語の文法は非常にシンプルで、時制による変化が極めて少ないのが特徴です。

英語のように過去形、未来形、現在進行形のように文法が変化することはあまりありません。

 

■英語に似た単語が多い


例えば英語で情報という意味の「Information」はインドネシア語では「Infomasi」となります。

他にも組織は「Organisasi」警察は「Polisi」など英語と似ている単語が多く存在します。

そのため英語→インドネシア語、インドネシア語→英語の翻訳では訳抜けに注意する必要があります。

 

■重複語が多い


インドネシア語には重複語と呼ばれる、同じ言葉を繰り返すことによって成り立つ言葉が多くあります。たとえば、インドネシア語で「Orang」は人を意味しますが「Orang-orang」で人々という意味になります。

こうした重複語の間にはハイフンが入り、ハイフンも含めて一つの単語になっています。英語のハイフンの使い方とは異なるので、注意が必要です。

 

1-StopJapanのインドネシア語翻訳

弊社のインドネシア語翻訳はインドネシア語から日本語日本語からインドネシア語インドネシア語から英語英語からインドネシア語

そしてインドネシア語から多言語など幅広く対応いたします。

取扱分野は一般文書はもちろん技術、法律、IT、金融、医療、インバウンドなど幅広い分野の翻訳を承っております。

ご依頼いただく案件内容に合った専門知識を持つ翻訳者が翻訳作業を行った後、

さらにネイティブが翻訳原稿をチェックしますので高品質の翻訳に仕上がります。✨

 

インドネシア語の翻訳ならぜひ1-StopJapanにご相談くださいませ♪

 

関連記事

1-StopJapanのインドネシア語翻訳

1-StopJapanの高品質翻訳サービス【3段階翻訳プロセス】

1-StopJapanの強み!独自のグローバルネットワーク

 

 

 

ご希望のご依頼分野、納期、価格等、翻訳のことならなんでもご相談ください!
1-StopJapanはお客様のあらゆるニーズにお応えいたします。

Facebook➡https://www.facebook.com/1StopJapan/
Twitter➡@1StopJapan
📩➡japan@1stopasia.com
📞➡03-4405-6979