ホーム > 翻訳言語 > インドネシア語

インドネシア語翻訳

1-StopJapanで翻訳サービスを提供している言語の中で、「インドネシア語」についてご紹介します。 インドネシア語翻訳のお見積もりは、こちらよりお問い合わせください。

インドネシア

インドネシア語話者

23,200,000名

インドネシア語を公用語としている国

  • インドネシア インドネシア

インドネシア語について

英語話者はインドネシア語を「バハサ(bahasa)」と省略して呼びますが、これは正式名称ではありません。インドネシア語でバハサを文字通り訳すと「言語」を意味します。インドネシア語はインドネシアと東ティモールで使用されます。インドネシア語を母国語とする人口は約2,300万人で、主に都市に居住しています。第2言語として使用する人口は約1,400万人で、主に農村部に居住しています。 インドネシア語は発音表記と語彙を除けば、バハサ・マレーシアとして知られるマレーシア語ととてもよく似ています。インドネシア語を翻訳するときに留意すべき点として、インドネシアの人口が異なった民族、言語、宗教グループで成り立っているということが挙げられます。学校ではインドネシア語を教えますが、地域社会ごとに独自の見方、考え方を持っているため、翻訳する際にはこれを考慮しなければなりません。一つの言葉でも、ある場所では受け入れられても、別の場所では不快に思われる場合があります。 例えば、「Cina」は「China」の直訳であり、「中国」および「中国人」を意味します。しかし、一般的、政治的に誤用された歴史があるため、特にインドネシア華人社会では差別的な意味合いを持ちます。そのため、現在は華人系インドネシア人を表す場合には「Tionghoa」を、中国という国を表す場合には「Tiongkok」を使用します。

1-StopJapanのインドネシア語翻訳の強み

1-StopJapanはアメリカ本社をはじめとし、世界各地に支社を構えています。有能な翻訳チームが一丸となり、インドネシア語をはじめ、アジアで使用される多様な言語の翻訳を担当しています。
弊社はお客様が対象とする市場や顧客、潜在顧客を正確に把握し、適切な語彙、表現、修辞技法や文体を選択できるようお客様カスタマイズサービスをご提供しています。弊社の徹底した品質管理システムは、専門翻訳者が翻訳した後に校正者が再確認することを原則としており、この過程を通して文章の細かい部分まで高い品質を保証することができます。

インドネシア語翻訳の分野

一般的な翻訳はもちろんのこと、大事なビジネスの契約書翻訳や法律、医学、ITなどの多様な専門分野に対応しています。
インドネシア語翻訳に関して依頼の多い翻訳分野は下記の通りです。

  1. 1 日本語からインドネシア語への翻訳の中で依頼が多い分野の順位
    1. 1位マーケティング
    2. 2位各種ビジネス文書
    3. 3位各種マニュアル
  2. 2 インドネシア語から日本語への翻訳の中で依頼が多い分野の順位
    1. 1位各種ビジネス文書
    2. 2位産業企画書
    3. 3位製品カタログ
  • 無料で簡単!

    翻訳文書の分野や言語、分量によって料金が異なりますので、
    無料お見積もりフォームからお問い合わせください。

    無料お見積もり

    お見積もりフォームの入力が難しい方は、
    お電話やメールからもお問い合わせいただけます。

  • 03-4405-6979

    お問い合わせフォーム
    • ※メールやフォームからのお問い合わせは24時間受付中!
    • ※お電話のお問い合わせは9:00~18:00まで(土日祝休)
    • ※よくあるご質問はこちらからご覧ください。
  • 無料お見積り
  • 最大40%割引 キャンペーンはこちら
  • 1-STOPの強み
  • 翻訳実績
  • 翻訳分野
  • 翻訳言語
  • 1-STOP BLOG
  • 公式Twitter
  • 公式Facebook
  • お知らせ
  • よくあるご質問
  • 採用情報
TOP