ホーム > 翻訳言語 > マレー語

マレー語翻訳

1-StopJapanで翻訳サービスを提供している言語の中で、「マレー語(マレーシア語)」についてご紹介します。
マレー語翻訳のお見積もりは、こちらよりお問い合わせください。

マレー

マレー語話者

15,800,000名

マレー語を公用語としている国

  • マレーシア マレーシア
  • シンガポール シンガポール
  • ブルネイ ブルネイ

マレー語について

マレー語は東南アジア大陸部とオーストラリアの間に位置するマレー諸島で使われる言語で、マレーシアの国語であり、シンガポールとブルネイの公用語です。インドネシア語とは言語学的には同一言語の方言として位置づけられています。
マレー語話者は全体2500万人以上に上り、インドネシア、シンガポール、ブルネイとタイの一部地域に居住しています。
マレー語は主に26文字のラテン文字を使用しており、それ以前に使用されていたアラビア文字を基盤とするジャウィ文字も使用されます。同じ単語を2度繰り返して複数形とするなど、語を繰り返す表現がよく見られます。多くのアジア圏の言語と同様に呼称を重要視します。例えば、「あなた」という単語一つとっても、どれくらい格式を重んじる状況か、相手との年齢差、階級、また王族に話しかける場合など、状況によって訳語を使い分けなければなりません。つまり、プロジェクトの詳細と翻訳を目にする読者を明確に把握することが、プロジェクト成功への鍵となります。

1-StopJapanのマレー語翻訳の強み

1-StopJapanはアメリカ本社をはじめとし、世界各地に支社を構えています。有能な翻訳チームが一丸となり、マレー語をはじめ、アジアで使用される多様な言語の翻訳を担当しています。
弊社はお客様が対象とする市場や顧客、潜在顧客を正確に把握し、適切な語彙、表現、修辞技法や文体を選択できるようお客様カスタマイズサービスをご提供しています。弊社の徹底した品質管理システムは、専門翻訳者が翻訳した後に校正者が再確認することを原則としており、この過程を通して文章の細かい部分まで高い品質を保証することができます。

マレー語翻訳の分野

一般的な翻訳はもちろんのこと、大事なビジネスの契約書翻訳や法律、医学、ITなどの多様な専門分野に対応しています。
マレー語翻訳に関して依頼の多い翻訳分野は下記の通りです。

  1. 1 日本語からマレー語への翻訳の中で依頼が多い分野の順位
    1. 1位各種ビジネス文書
    2. 2位工業・IT
    3. 3位製造業
  2. 2 マレー語から日本語への翻訳の中で依頼が多い分野の順位
    1. 1位観光業
    2. 2位製品カタログ
    3. 3位各種ビジネス文書
  • 無料で簡単!

    翻訳文書の分野や言語、分量によって料金が異なりますので、
    無料お見積もりフォームからお問い合わせください。

    無料お見積もり

    お見積もりフォームの入力が難しい方は、
    お電話やメールからもお問い合わせいただけます。

  • 03-4405-6979

    お問い合わせフォーム
    • ※メールやフォームからのお問い合わせは24時間受付中!
    • ※お電話のお問い合わせは9:00~18:00まで(土日祝休)
    • ※よくあるご質問はこちらからご覧ください。
  • 無料お見積り
  • 最大40%割引 キャンペーンはこちら
  • 1-STOPの強み
  • 翻訳実績
  • 翻訳分野
  • 翻訳言語
  • 1-STOP BLOG
  • 公式Twitter
  • 公式Facebook
  • お知らせ
  • よくあるご質問
  • 採用情報
TOP